official website Bandcamp SoundCloud youtube facebook

Simultaneity

by シャルロ

supported by
/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

    incl. booklet.pdf

     $9.99 USD  or more

     

  • Compact Disc (CD)

    6-Panel Digipak w/ 16-Page Booklet

    Includes unlimited streaming of Simultaneity via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days

     $15.99 USD or more

     

1.
2.
3.
05:13
4.
5.
05:45
6.
05:26
7.
8.

about

Simultaneity Special Website
charlotontheweb.com/special/simultaneity/

This album is also available on CD
www.amazon.co.jp/SIMULTANEITY-CHARLOT/dp/B016DJBEHY/


NORA-001
nora recordings

credits

released December 2, 2015

all tracks written and produced by Naoki Kono
except trk. 8 written by Alfredo Le Pera and Carlos Gardel, japanese lyrics by Naoki Kono

trk 1, 2, 5 and 7 vocals by Cosame Nishiyama ¦ nishiyamacosame.pih.jp
trk 3, 4, 6 and 8 vocals by Zabieru ¦ twitter.com/zabieru_

all instruments, programmed and mixed by Naoki Kono

trk 1, 2 and 5 vocals recorded by kei。(Akihabara MOGRA) and Yumbo (Pa's Lam System) at Akihabara MOGRA
trk 7 vocals recorded by Takahito Suto

mastered by Lewis Hopkin (Stardelta Audio Mastering) ¦ www.stardeltamastering.com

art direction and design: tatsuhico SAKAI ¦ www.tatsuhicosakai.com
illustration: mugenmaru ¦ mugenmaru.blogspot.jp

charlotontheweb.com

tags

license

all rights reserved

about

charlot Japan

シャルロ (charlot) is a Japanese musical project by Naoki Kono.

contact / help

Contact charlot

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Track Name: エンターテイナー
恥の多い生涯を 送って来ました
小説に書くようなことも無いし
意味のないことを 何度も繰り返しては
単純な迷路で 迷子になる

ああ ほんとなんて 素晴らしい人生だ!
ドジっ子の天使も 投げ出す時分
正義のヒーローが なんとかしてくれないかなあ
名前呼ぶから すぐ出てきてよ ほら

人並みを愛したつもりの 僕はいつから
届くはずのないものに 手を伸ばしているの
普通に生きていれば 普通の穏やかな生活が
待ってると 思ってたのに

エンターテイナー つまらない日々を
忘れるような 魔法をかけてよ
Could you do me a favour? 今日が輝いたら
ひょっとすれば 明日を愛せるかも

ちいさな町の ちいさなこの部屋の
すみっこでうまれた ちいさな歌が
知らない場所の 顔も名前も知らない人の
お気に入りになれたら いいのにな

圧倒的な 素晴らしい才能も
誇れるような 輝かしい過去も
僕の手には ありはしないけれど
それでもいいや 今日はステージに立つよ

エンターテイナー 世界を幸せに
変えてしまうような 夢をみさせてよ
Could you do me a favour? この町の片隅から
届いたらいいな 未だ見ぬ場所まで

I'm just an entertainer 誰かを幸せに
できるような 魔法なんてないけど
Would you do me a favour? 願わくば嗚呼どうか……
すこしの間 楽しんでいってよ
Track Name: わすれもの
ある朝 私は見知らぬ部屋で目が醒めた
誰もいないみたいだな 逃げてもみつからないかな

音をたてないように ゆっくりドアをしめる
ここはどこかわからないけど とにかく家に帰ろう

ひと気の少ない道 ついてくるのら猫
ごめんなさい 今日は何も持ってないの
それ以外にも 大切な何かを
忘れてる気がするけど

夕暮れの街角 とにかくもう足が痛むな
なんだか不思議だな それほど歩いてないのにな

考えてみても わからないことばっかりだ
しかたないか 人はみんな 迷子の仔猫だもの

おひまなら一緒にあなたもどう?
今ちょうどなんだか懐かしい所へ 私も行くところだから

駆けまわるこどもたち 綺麗なイルミネーション
この胸の奥 わきあがる気持ちも
いつのまにやら 夜明けの星のように
どこかへと 消えてゆく

公園のベンチに 腰かけたその時
わたしの前に立ちはだかる人影
見憶えのある服……あらま お巡りさん
「おばあちゃん、お家はどこ?」
Track Name: parting
いつもよりすこし 華やかな街を
ふたりは言葉もなく 黙って歩く
行き交う人と 白くなる吐息
赤く濁る夜空で ゆれる碧い月

まるでつかめない 頭の中を
探りあう時間は ひどくじれったいもので
本当はすでに 気づいているでしょう?
こんなところまで 私がついてきた理由も

この灯りが 途切れたら
今夜はもう あとすこしで
お別れだけど 言えるかな

街を彩る 愉しげな音楽
辺りで無邪気に響く こどもの声
浮かれた街の 喧騒にひとり
誰かを追う 泣いている女の人

すれ違いや間違いを 重ねる内に
愛おしい今も この手で壊していくのかな

なんでもない風を 装っているけど
本当は今にももう 泣き出したいけど
君の横顔 眺めるばかりで
何もできない 駅へと続く並木道

ひとつ大きなため息を つくみたいに
もうすこしで 言えそうだけど言えるかな

この信号が 変わったら
君とはもう あとすこしでお別れ
どうしよう 言えないな
Track Name: ラストダンス
泣いたりしてごめんね もうわからなくて
街灯に滲む 後姿
声にならぬ声で 君を呼び止める
ひどい筋書きだ 不意に時間が止まる

君のその細い身体を 強く抱き締めたら
もう一度夢を見させて お願い醒めないで
どうか嘘でもいいから 優しく微笑んで
ずっとこのまま 私の愛する人でいて

ずいぶん長い間 一緒にいたけど
どんな出来事も 全部覚えてる
今日の君の髪型 すごく似合うね
すこしはにかむ顔も もう見れないね

君にさよならを言うよ その手離さないで
臆病な私はもういいの お願い行かないで
君の蒼ざめた横顔と 冷たい風の音
紅く染まる指先を ずっとみつめていた

気づかないふりをしたのは 二度と戻れないね
最初からわかっていたから ずっと離れないで
つめたい君を残して 世界は続いてる
孤独な私をおいて 時計が動いてる

愛してた昨日まで 不安定な想い隠したまま
抱き締めたぬくもりは 月灯りの中に消えた
Track Name: 運命の人
「君のことは 嫌いではないけど」
くだらないつよがりの見せつけあい もうキリがない

傷つかないようにしていたのに
他意のない気遣いも行き違い 勘違い

あんまり優しくしないで ぐらついた心が崩れてしまうよ
私の素敵な運命の人は 君じゃない

テレビの中でみるようなできごとは
味気ないこの日常の片隅に潜んでる

なんとなくは わかっていたけれど
誰だって何かを心の奥底に隠してる

何気ない仕草や言葉が 私の世界を変えてしまうの
私の愛したあなたのすべてが 消えていく

守るべき大切な人が あなたの帰る場所にはちゃんといるでしょう
このまま一緒に生きていくことはもうできない

二度と会えなくてもきっと いつまでも私の大好きな人
それでも私の運命の人は 君じゃない

お互いそれぞれの行く先で いつの日か私を忘れてしまっても
この星の何処かに君がいるのなら それでいい

それでいい

これでいい
Track Name: ハロー、グッバイ
さよならから 始まった今だ
逃げるように 家を出てきたけど
大嫌いだった あなたに認めて
もらいたいから ここにいるのかな ねえ

この世界が 呉れた出逢いは
そのすべてが やけに曖昧で
寄り添う人 立ち去っていく人
不思議なほど きまぐれなもの

だんだん暮れてゆく街角 聳え立つビルの日陰
流されてゆく人波と 前に進めないこの両足

街を彩る歌や 電車の広告が
いつも誰かの夢を弄ぶから
負けられないような 赦されたいような
ハロー まだ 終わらせないで

進む先に 転がる石ころを
ひとつひとつ ずっと数えながら
たどり着いた この現実に
今もなんだか 自信もてなくて

あれからもう しばらく経つけど
今はどこで 誰と何してるの
便りがないのは なんとやらって言うし
元気だったら それでいいけどさ

ああ 間違っていたとしても 今でもほしくなるよ
このまま目をそらす強さと 自分を欺く賢さを

見慣れた朝に 目を覚ます度
繰り返す今日に圧し潰されそうで
古い映画できいた 優しい台詞のように
グッバイ どうか ただ見守ってて

当たり前のように いつだって
思い通りに いくことはないけれど
うんざりしてばかりいた日々も
今はなんだか 愛しくなるね

偶然すれ違った 誰かの存在や
何気ない言葉に 救われていくの
望んだはずの場所に 明日いなくても
ハロー まだ 終わらせないで

今年もそろそろ 慌ただしくなって
もうすぐこの街にも雪が降るよ
不安も迷いも 全部置いていこう
グッバイ どうか ただ見守ってて

さよならから 始まった今だ

ありふれてる こんな日常も

目覚める街に かすむ朝靄と
白く煙る 排ガスのにおい
私はまだ ここで生きてゆくよ
今の私を愛せるようになるその日まで
Track Name: 想いの届く日
もしも今 あなたの声が聞けたなら
もしもあなたの 笑顔が見られたなら
私はあなたへの 愛に守られて
悲しみや不安も 全て忘れられる

雨が花咲く日も 風が歌う日も
思い出の中に あなたがいる
あれから少し 歳をとったけど
今でも私を 覚えている?

季節は流れて おたがい名前も
知らない街で 生きているけど
紺青の空で 星は瞬き
ふたりの姿を 静かに眺めてる

遠く離れていても 今でもどこかで
あなたが私を 想っていたなら
世界は色づき 苦しみも消えゆく
それさえ私に 許されるなら

そしていつの日か 世界のどこかで
もう一度 あなたと出逢えたなら
思い出話を 私にさせてよ
その時が私の 想いの届く日